天皇

戦争放棄

人権総論

人権各論

統治総論

国会

内閣

司法

その他

国民の権利及び義務 第10条~第40条
第20条 信教の自由、国の宗教活動の禁止

愛媛玉串料事件

【生徒】 政教分離原則に関する判例として,愛媛玉串料事件という事件が重要だと聞きました。

【弁護士】 この事件は、靖国神社に対して、春秋の例大祭や慰霊大祭、みたま祭において、玉串料等の名目で公金を支出したという事例です。

【生徒】 ふむ。形は違えど、上の津地鎮祭事件と大差ないようにも思えますが…。

【弁護士】 確かに、どちらも神道だし、同じようにも見えるかもしれません。しかし、この例大祭や慰霊大祭などは、神道の儀式の中でも重要な役割を果たすものですし、みたま祭も神道儀式の中で最も盛大に行われるものです。

【生徒】 そうだとすれば、地鎮祭とは規模が全然違うわけですね。とすると、それだけ一般人に与える影響が大きいということは…。

【弁護士】 そうです、結論としては政教分離違反としました。具体的にはこうです。
最高裁は、上記の祭祀の規模の大きさや神道における位置づけからすると、地鎮祭のように一般的・社会的儀礼と化し、一般人に特定の宗教に対する援助・助長等をしたと印象付けるものと解しました。

【生徒】 なるほど。津地鎮祭事件とは異なって、一般人が「神道をヒイキした!」と思わせる行為だとしたわけですね。

このサイトの運営者情報はコチラから

より詳しい論点